2010年03月18日

死因究明制度で独自案策定−医法協が事業計画(医療介護CBニュース)

 日本医療法人協会(日野頌三会長)は3月12日の代議員会・総会で、「死因究明制度等に関する独自案の策定」などを盛り込んだ来年度事業計画を決めた。診療行為による死亡事故の原因究明制度をめぐっては、厚生労働省と民主党がそれぞれ独自案を公表しているが、医法協ではいずれにも「全面的に賛同することはできない」と結論付け、独自案を策定することにした。

 厚労省案に対しては、職権主義に傾き過ぎで「医療人の負担を増大させる側面が大きい」と問題視する一方、民主党案についても「診断書等の虚偽記載の厳罰化」などに疑問点が残されていると指摘しており、独自案でこれらを克服できる制度設計を目指す。内容が固まり次第公表し、各方面に実現を働き掛けるという。

 来年度事業計画は、▽国民の立場に立った医療政策等の検討・提言▽医療法人の経営近代化および安定化▽インターネットの活用など情報化への対応-などが柱。
 医療政策に関する検討・提言としては、死因究明制度の独自案策定のほか、医療法人を取り巻く税制の改善や、医療法人会計基準の検討などに取り組む。


【関連記事】
来年度事業計画を決定―日本精神科病院協会
厚労省案は「そのまま成案にはならず」−医療事故調で足立政務官
医法協が賀詞交歓会、政権交代の影響色濃く
次期参院選に安藤副会長を擁立へ―慢性期医療協会
「財源問題だけで社会保障はうまく回らない」

<女性遺体>手足のない状態で発見 福岡・能古島の海岸付近(毎日新聞)
将棋の有吉九段が1000敗目(時事通信)
<訃報>村松巌さん84歳=七十七銀行元頭取(毎日新聞)
ニチアス、佐藤常務に代表権…代表取締役を2人体制に(レスポンス)
<鳩山首相>贈与税3470万円を納付(毎日新聞)
posted by アライ マサヨシ at 14:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。