2010年03月23日

近くの人がAED、効果明確=社会復帰率は2倍−不整脈患者で調査・京都大チーム(時事通信)

 心肺停止状態の急病人近くにいた一般の人が自動体外式除細動器(AED)で初めに救急処置した場合、駆け付けた救急隊が処置したケースと比べ、患者の社会復帰率が2倍を超えることが、京都大研究チームの調査で分かった。18日の米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに掲載された。
 研究チームは2005年から07年の3年間、医療機関以外で救急処置を受けた心肺停止状態の患者を対象に調査。致死性の高い不整脈のケースで、一般の人がAEDで救急処置をした462人のうち、1カ月後に後遺症がほとんどなく社会復帰した割合は31.6%。一方、最初に救急隊の処置を受けた患者約1万1700人で社会復帰したのは14.0%だった。
 研究グループは「電気ショックによる処置が1分早いと社会復帰が9%増加する。AEDを今後さらに増設し、設置場所を周知するといった一般の人が利用しやすい状況への改善が望まれる」としている。 

【関連ニュース】
幹細胞に特徴的な分子発見=急性骨髄性白血病、根治に期待
糖尿病根治療法に道=拒絶反応の仕組み解明
家族発症まで平均2.6日=新型インフルの家庭内感染
従来ワクチンが効果増強=新型インフル、小児も1回でOK-海外研究
痛風の主な原因遺伝子発見=変異で尿酸排出機能低下

原爆資料館など視察=東ティモール大統領−広島(時事通信)
<中日本ボクシング協会>元幹部3800万円横領か(毎日新聞)
平城宮跡で雑草燃える=建造物被害なし、2人補導−奈良県警(時事通信)
漁船防波堤に衝突、6人重軽傷=「目測誤った」−北海道・釧路(時事通信)
南の島が危ない 陸自配備の兆しなし(産経新聞)
posted by アライ マサヨシ at 14:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。